読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

憲法改正

 先般の参議院選挙の結果を見るに,憲法改正が現実感を持ち始めたわけである.私の家は,祖父が熱烈な自民党員だったこともあるので,当然今回も自民党に入れさせていただいた.(議員の奥さんの戸別訪問に一日つき合わされたり,山の畑で,不要になったポスター用の合板の板(1*1[m^2]くらい?)を,数十枚野焼きしたり,議員亡き後の財産整理で,何もない政治家宅の部屋に一日放り込まれ,祖父が別室で仕事している間,何もしないで待っていたり,結構自民党員(?)やってたわけですよ,僕も.)

 で,思うのが,憲法九条改正するのかなと言うことである.憲法改正は,まあ,保守派の悲願であるわけであるが,集団的自衛権は認められたわけであるし,明文化はされていないけれども解釈によって自衛権自衛隊の存在)は認められているわけで,まさか改正によって交戦権まで認めることにはならないよね?って思う次第なのである.アメリカの戦後の歴史を見るに,ベトナム侵攻,パナマ侵攻,イラク侵攻,大概は関係者全てが不幸になっているという明確な裏打ちがあるわけで,今の時代に,交戦権は大国でもない日本には当然不要の長物であって,あっても不幸になるだけ,仮に飾りとしての価値だけを考えたとしても,それを得るために失う物の方が多いような気もしてしまうわけである.

 でも,しかし,改正したいという保守派の心情も分からないでもないわけである.結局憲法はアメリカさんから与えられた物であって,自分達で打ち立てた物ではないという,引け目が,その心情の源泉なんだろうなとも思う.であるからして,どうすれば良いかと言えば,憲法の序文を改正するって言うので,どうですかと思うのである.本文の方を改正すると,今まで積み上げてきた物を一からやり直すって事になって,いろいろ面倒だし,序文なら日本国民としての心情琴線を表現し,日本国民のための憲法であると言うことを宣言明示出来るであろうから,ちょうど良いのではないかと考えるのである.まあ,妥協案である.出来ることなら,全部書き換えたいというのが,本心だろうが,差し障りが多いだろうし,何を求めているかと言うことを分析すると,本質は,日本国民のための憲法であるという意味づけを求めているのであるのだから,序文を日本人の手で書き表せたのなら,それで良いんじゃないのかなと思うわけである.